自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

 車検と整備は一緒のように見えて実は別ものです。

 そして検査と整備もまた違うものです。

 ではなにが違うのでしょうか?なぜ車検と整備はセットでやったほうがいいでしょうか?その理由について深堀りしてみましょう。

車検と整備の違い

 車検とは車両の安全性を見る検査であり、整備の不良や不具合はないか、環境へのマイナスな効果はないかなどを調べるためのものです。

 車検には有効期間があり、有効期間が満了する1カ月前に検査を受けて車検を更新しなければなりません車の種類により期間は違いますが、大抵の乗用車は新車を購入してから3年後、以後は2年ごとの更新です。

 車検は車を公道で走行するためには必要な手続きであると考えましょう。

 そして整備とは車のメンテナンスをすることであり、点検や車検のように有効期間があるものではありません。

 車を安全に使用する事は使用者の責務であり、安全を続けるためには日常的に点検をし、欠陥があれば整備をおこなわなければなりません。

 つまり整備は、車のメンテナンスの事を指していて、整備だけでおこなう事もあれば、車検と一緒におこなう整備もあります。

 車検整備と言うことがありますが、これは車検を通すために必要な整備と言いかえれば分かりやすいでしょう。

整備はしなくても車検に通る?

 はっきりいうと、車検の検査上で問題がなければ整備をしなくても車検は通ります。

 たとえば、エアコンフィルターが汚れていてたり、オーディオの音が鳴らないですとか、シートに小さい穴があいてる、なんてことがあっても車検にはなんら関係はありません。

 ですが、著しいオイルの漏れや、ドライブシャフトのブーツが切れていたり、電球の球が切れていたり、ワイパーが動かないなどの不具合があると車検には通りません。

 もっとややこしく、判断が難しい症状は、ブレーキパットが残り3mmで残量が少ない、スパークプラグの消耗、エアーエレメントの汚れなど、これらの症状は人の見方によって変わるため、同じ整備工場でも見る人によってかわり、よって整備士により車検費用が変わる可能性があります。

 このように車検は、整備をしないと車検が通らないものがあれば、整備をしなくても車検は通るものもあるということです。

 

なぜ車検と整備はセットでやったほうがいいのか。

 これは人や車によって状況が変わります。

 乗用車にお乗りのみなさんは12カ月点検はされていますか?

 かなりの確率でされていないか、もしくは12カ月点検ってなに?という人もいるでしょう。商用車の12カ月点検は法定点検のため、本当はやらなければばならない点検ですが、点検しなくても罰則規定がないため、点検しない人が多いのです。

 そのため、車検を行うタイミングしか自分の車を点検しないため、車検と整備はセットでやったほうがいいと結論づけられます。

安心の定期整備のメンテナンス法

 車検と整備はセットでやるのがおすすめと言っていますが、もっといいのは車検と12カ月点検をおこなう事です。特に年間走行距離が2万キロ以上走行するお車は安心と安全のため12カ月点検を受けましょう。

 そして、メンテナンス法というのは、車検時に少額の部品交換にして、12カ月点検時に高額の部品交換をすることがおすすめです。

 なぜかというと、車検は整備費用のほかに法定費用と車検基本工賃があるため車検時に高額の部品の交換をすると大変高くついてしまいます。逆に12カ月点検は基本工賃だけで、しかもその基本工賃もどの整備工場でも、車検より安いです。そのため、車検時に少額の部品工賃で、12カ月点検に高額な部品の交換がおすすめです。

 ですが、車検に通らない部品の交換が必要な場合は、車検時の交換が必要です。

まとめ

 12カ月点検をうまく利用して、車検時の部品交換を考えて行うことで、費用を抑えられます。

 ですが、12カ月点検を行わない人が多いのが現状です。

 それならせめて車検のときは整備もセットで行いましょう。

bnr_640x160_shaken-300x75

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP