自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

ハイブリッド車の購入を検討している人、もしくはすでにハイブリッド車を保有している人は「ガソリン車との車検の違い」に疑問を持つことが多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではハイブリッド車とガソリン車の車検の違いなどをご説明します。

ハイブリッド車とは?


はじめに、ハイブリッド車についてご説明します。

2つ以上の動力源を持っている

 ハイブリッド車は、ハイブリッドカーとも呼ばれることがあり、2つ以上の動力源を持っている車種となります。また、ハイブリッド車のエンジンはガソリンで動き、モーターが電気で動くことがほとんどです。

 具体的な仕組みは、低速時の走行は電気で動くモーター、速度が上昇して燃費効率がよくなるとガソリンで動くエンジンに動力を変えるものとなっています。

燃費がよいなどの特長がある

 ハイブリッド車は2つの動力源を持つことで、さまざまな特徴があります。まずは燃費のよさがあり、ガソリン代をおさえることができます。そして、電気で走行するときはCO2(二酸化炭素)が排出されないため、環境にも優しいです。

 さらに、モーター駆動との併用はエンジンの長持ちにもつながります。ガソリン車は発進から高速走行まですべてエンジンに頼りますが、ハイブリッド車は低速時にモーター駆動となるためエンジンの長持ちにつながるわけです。

購入時と初回車検時に減税される

 ハイブリッド車は、エコカー減税の対象となることがあります。減免割合は、排出ガス規制と燃費基準の達成度合いで異なります。電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車などの車種が減税対象となります。

 そのなかでハイブリッド車は排出ガスの性能により基準を満たすと、減税対象車となります。また、減税となるのは自動車重量税であり、購入時と初回車検時の2回の適用があります。なお、現行のエコカー減税の有効期限は2021年4月30日までです。

 

ハイブリッド車とガソリン車の車検内容の違いとは?


 ここからは、ハイブリッド車とガソリン車の車検内容の違いについてご説明します。

費用や検査項目はガソリン車と変わらない

 車検費用は何かと気になりますが、ハイブリッド車とガソリン車の車検費用はさほど変わりません。ハイブリッド車の車検費用は、ガソリン車と同様で自賠責保険料、自動車重量税、検査手数料があります。
 また、ディーラーや業者に車検を依頼すると車検基本費用などが必要です。ガソリン車と検査項目はほぼ同じであり、検査項目数によって車検費用が上下することもありません。

HV・PHV・EV向け推奨点検がある

 ハイブリッド車は、法定点検項目では設定されていない特殊な装置を搭載しています。それらの装置の機能の安全性を確保するために、定期的な点検や整備が推奨されています。
 日本自動車整備振興会連合会(日整連)は、ハイブリッド車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)向けの推奨点検を展開しています。この推奨点検では、ハイブリッド車などの特殊装置に関する点検メニューを設けています。
 法定点検の検査項目に加えて推奨点検を実施すると、機能の維持や安全性の確保に役立てることが可能です。

モーターやバッテリー交換の時期には注意が必要

 ハイブリッド車には、2つのバッテリーが搭載されています。それらは主にエンジンの始動に使うものと、モーター用のバッテリーです。バッテリーに関しては、前述した推奨点検の項目にも含まれており、定期的な検査が必要です。
 なぜならハイブリッド車は、高性能のモーターを搭載することで燃費のよさを実現しており、その性能を維持する必要があるからです。特に毎日のように走行すると、モーターの消耗が激しくなり、早く寿命を迎える可能性があります。
 よって、推奨点検などを活用して交換する時期を見極めることが大事です。なお、車種により異なりますが、モーターの寿命は3年ほどとなります。

 

ハイブリッド車の車検はどこでできる?

 最後にハイブリッド車はどこで車検ができるのかご説明します。

ディーラーでの車検

 ガソリン車と同様でハイブリッド車の車検をディーラーにお任せする人も多いです。ディーラーではハイブリッド車に関する専門的な知識やスキルを身につけた整備士が在籍しており、信頼してお任せしている人もいるでしょう。
 しかしながら、「ハイブリッド車はディーラーでしか車検を受けることができない」というわけではありません。

自動車整備工場でも車検ができる

 ハイブリッド車の車検は、身近な自動車整備工場に依頼することも可能です。ハイブリッド車の車検では搭載されている特殊なコンピューターを診断する必要があり、診断用の機材がないと点検ができません。
 しかし、一部の自動車整備工場では診断用の機材を置いています。そういった工場にはハイブリッド車の車検の依頼が可能であり、検査や点検に関して十分な知識を持つ整備士が在籍していることも多いです。
 なお、ハイブリッド車の検査ができる整備工場には「HV・EV取扱工場」「低圧電気取扱資格工場」などと書かれたステッカーが貼られている場合があります。最寄りの自動車整備工場がハイブリッド車の車検に対応しているか、確認してみましょう。

 

まとめ

 ハイブリッド車は燃費がよく、税制でも優遇を受けられるなどさまざまな特長があります。車検についてはガソリン車とほぼ変わりませんが、ハイブリッド車に関する推奨点検も実施することが望ましいです。なお、ハイブリッド車の車検はディーラーだけではなく自動車整備工場への依頼も可能です。まずは最寄りの自動車整備工場にハイブリッド車の車検が受けられるか、確認してみてください。

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP