自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

 車検に必要な書類の中に定期点検記録簿があります。

 この記録簿はなくても車検は通りますが、実は車検書類のなかで唯一走行距離の記載があり、走行距離の改ざん予防や、いつどこでどんな点検整備をしたのかという記録にもなります。

 よって、意外と重要な書類といえるでしょう。

 

定期点検整備記録簿とは

 定期点検整備記録簿とは、12ヵ月点検や24ヵ月点検の法定点検を行った内容を記録する用紙のことです。こちらの定期点検整備記録簿を確かめることで、過去の点検整備の記録を見ることができたり、そのうえそこから消耗部品の交換時期を判断することが可能です。
また、売買においては車両の状態を把握するひとつの材料として大変重要な書類です。
後検査(車検の検査前に点検整備)を行う際に必要な書類となっています。前検査(車検の検査後に点検整備)で車検を受ける場合は不要です。

定期点検記録簿はどこで買えるの?

 ユーザー車検を受けられる予定で、車検前に点検整備をやる際は、車両購入時に車についているメンテナンスノートを使用するか、整備振興会などで定期点検整備記録簿をご購入できます。用紙の金額は、350円程度です。

 

定期点検記録簿の記入方法

 定期点検整備記録簿記入するにあたっての知識として、点検項目の中にドラムブレーキの分解(ドラムブレーキがある車)や、ジャッキで車を上げ車体の下まわりを点検するなど、専門知識を必要とする項目があることをご確認ください。
 整備に身を置く仕事をされていた人や、同じ程度の知識をお持ちの人以外は、安全を考えた上で工場にお願いすることをお薦めいたします。

 

 

まとめ

  定期点検記録簿は、お客様ご自身が定期点検整備記録簿に記入することはできないことではありませんがおすすめしません。ですので、ユーザー車検で陸運支局に持ち込まれる場合は、前検査(予備検査)と呼ばれる検査を先に行ってから点検整備は後日に行う、というスタイルが多いようです。
 しかし、前検査(予備検査)で車検を通し、後の点検整備を行わないユーザーが非常に多く、社会問題となっております。車検はあくまでも保安基準に適合しているかどうかを検査するものであり、自動車の安全を保証するものではありません。点検整備を日頃から意識し、安全なカーライフを送りましょう。

定期点検記録簿もしっかりついた車検はこちらから予約

車検予約入口

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP