自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

車検整備の内容をご存知でしょうか。また、車検の検査項目や24カ月点検など、類似した言葉があります。この記事ではそれらの違いについて解説し、車検整備の必要事項も取りあげています。車検整備について理解できる内容です。

車検ってなに?

 はじめに、車検についてご説明します。

 hatena

国が定めた保安基準を満たしているかチェックすること

 車検とは国が定める保安基準を満たしているかチェックすることであり、正式には「自動車検査登録制度」といいます。国が定める保安基準は車で公道を走行するにあたり、安全面や環境面で問題ないか判断するものです。車検切れの車で走行すると罰則があるため注意が必要です。

 なお、私たちが車検と呼ぶのは「継続検査」を意味することが多く、2年(登録初年度は購入から3年後)に一度の検査を受けます。

 

車検と点検は異なるもの

 車検と点検は似たような用語であり、わかりにくく感じる方も多いのではないでしょうか。

 ここで車検と点検について概要をご説明します。

・車検

保安基準を満たしているかを検査することです。

 

・点検

車検を業者に依頼すると「法定24カ月点検」が行われますが、こちらは車を正常な状態に保つことです。事故や故障を未然に防ぐ目的があります。点検した結果により整備を行い、安全に走行できるようにします。

 

 以上のような違いがあり、ほとんどの場合で法定24カ月点検を行い運輸支局や軽自動車車検協会で車検を受ける流れとなっています。

 つまり、法定24カ月点検では車検に通るような整備が行われるわけです。

 

車検整備とは

 時折、「車検整備」という言葉を聞く方もいるのではないでしょうか。

 整備であれば車に不具合が生じた際に適宜行いますが、車検整備は「車検を通すために必要な整備」と考えてください。

 車検を受ける際には法定24カ月点検をすることが一般的であり、56項目において不備がないかをみていきます。

 そのなかで不具合があった箇所を整備することが、車検整備となります。

 

 

 

車検整備の内容とは

 車検整備は法定24カ月点検の項目に従い、主な項目には外回り関係、ブレーキ関係、下回り関係があります。

 それぞれ、どのような内容になるのかご説明します。

車検整備2

 

外回り関係

 外回り関係では、ヘッドライトやテールライトなどのライト類の動作、ホイールナットの緩み、ワイパーやクラクションの動作を点検・整備していきます。

 なお、車検のときは検査官がライトのロービーム、ハイビーム、ウインカー、ブレーキランプなどを点灯させて正常かどうかを確認します。

 ホイールナットは工具でナットを叩いて緩みをチェックし、ワイパーやクラクションは実際に作動させます。

 

ブレーキ関係

 ブレーキ関係は、ブレーキとサイドブレーキの効き具合を点検・整備します。

 ブレーキパッドは安全面で重要な部品であり、残量を確認して必要ならば新しいものに交換します。

 ブレーキパッドの残量が車検に通る厚さであっても、すり減りを指摘されたら早めに交換するようにしましょう。

 

下回り関係

 下回り関係は、車体下の点検・整備をします。

 オイル漏れやボルトの緩み、ドライブシャフトブーツの劣化や破れなどがないかを確認して、整備していきます。

 

そのほか

 そのほかの車検整備として、以下の項目もご確認ください。

 

・エンジンオイルとオイルフィルター(エレメント)

・ブレーキオイル

・冷却水

・ベルト類(ファンベルトなど)

 

 エンジンオイルは半年または5,000kmの走行で交換が目安とされていますので、定期的な交換を行なっていれば車検にあわせて整備する必要はありません。オイル漏れの有無の点検の際にオイル残量を確認する程度でもいいでしょう。

 ブレーキオイルは湿気により耐熱効果が低下して加熱するとブレーキが効かなくなる恐れがあるため、2年に一度の交換が目安となっています。

 

 また、車をさほど使用しない場合、冷却水は3〜4年くらい利用していても問題ないことがありますが、車検整備で交換しておきたいところです。

 

 ベルト類についてはひび割れや劣化の状況をみてもらい、必要ならば交換するようにしてください。

 

 

 

車検業者を選ぶとき知っておくべきこと

 車検を業者に依頼するにあたり、さまざまな業者があり迷うこともあるでしょう。ここでは車検業者を選ぶときに知っておくべきことをご説明します。

 解決

安心車検ができる業者を選ぶ

 車検業者を選ぶにあたり、重要なことは安心して依頼できるかどうかです。

 特にユーザー車検に挑戦しようとして、自分で情報収集していると正しい情報かどうかの判断が難しいことがあります。

 業者を選ぶ際も信用できるスタッフでなければ、思ったような車検整備にならない可能性もあるでしょう。

 これから車検業者を選ぶ方は、そのコツを身につけることが大事です。

 

車検業者の選び方

 車検業者の選ぶときは安さを重視する方が多いです。

 安さにこだわるならば車検専門店となりますが、整備は車検に通る程度で済まされることがほとんどです。

 また、最寄りのガソリンスタンドやカー用品店では、車検を依頼すると特典を用意するなど魅力的な内容を見た方もいるでしょう。

 しかし、特殊な整備に対応していなかったり代車が有料だったりなど、想定していたよりも費用がかかることもあります。

 一方、整備工場であれば技術力が高く、指定工場となっていると車検の検査用ラインも保有しています。

 費用を抑えて安心車検につなげたいならば、整備工場を検討してもいいでしょう。

 

 

 

まとめ

 車検整備は車検を通すために必要な整備のことであり、ほとんどの場合で24カ月点検の項目に従って行います。

 具体的には外回り、下回り、ブレーキ関係などです。

 エンジンオイルやブレーキオイル、冷却水なども車検整備時を交換の目安にしてもいいでしょう。

 業者選びはさまざまな情報に惑わされず、安心車検となるかどうかに注目してみてください。

 

 

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP