自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

中古車を購入する際、車検の時期は新車と異なるのでしょうか。ここでは、中古車と新車の車検時期の違いや中古車の車検を受ける際の注意点について紹介しています。

中古車購入時に見るべきポイントも解説していますので、参考にしてみてください。

 

新車と中古車は車検の期間が違う

 中古車を購入する際に注意しておきたいのが車検の時期です。新車とはどの程度期間が違うのか、車検の内容なども気になります。

 そこで、ここでは新車と中古車を比べながら、中古車の車検についてわかりやすく見ていきましょう。

 

新車の車検は3年

自動車を新車で購入した場合、車検までの期間は3年となります。中古車を購入する前に新車を購入した経験がある人は「車検は購入して3年後」という感覚を持っているかもしれません。

あとで紹介する特別な例外を除き、新車の場合は文字通り新品の車であるため、摩耗や耐久性、安全性能などの点で購入前に十分な検査がおこなわれているものとみなされるため、購入後初めての車検は少し長めに3年後となっています。

 

中古車の車検は2年ごと

一方、中古車の場合は2年ごとに車検の時期がやってきます。新車の場合においても、初回の車検のみ3年後となりますが、2回目以降は2年ごとの車検となり、中古車は購入後初めてであっても前の所有者が既に登録しているため、2年ごとの車検となるのです。

ただし、中古車であっても次の車検まで2年以上期間がある場合や、2年より少ない場合もあります。

 

上記以外のケース

基本的に車検は「中古車2年・新車は3年」と理解して問題はありませんが、新車の中でもトラックやレンタカーなど、業務用として使用するものについては2年ごとの車検となる場合があります。

また、中古車購入時、前の所有者がどの時点で車検を受けていたかによっては、2年よりも短い期間で次の車検を受けなければならない場合があります。

逆に新古車など、初回の登録から期間が浅い中古車を購入した場合、次の車検まで2年よりも長い期間が残っている場合もあるでしょう。

 

 

中古車車検の注意点は?

 中古車の車検では、以下のような点に注意が必要です。

 

価格が安いものは次の車検までの期間が短い場合がある

中古車を購入する際、同じ車種で似たような使用状態で価格が安いものの場合、次の車検までの期間が短くなっていたり、既に車検が切れていたりすることがあります。

せっかく安い価格で購入しても、車検までの期間が短い場合、その分の費用が追加で発生することになってしまうため、結果的に高くついてしまう場合もあるのです。

あとで紹介する中古車購入時の車検の確認方法も参考にしつつ、本当に妥当な価格なのかどうかを見極めることが大切です。

 

中古車の状態によっては、丁寧に点検してもらうのがおすすめ

ひと口に中古車といってもさまざまな状態のものがあり、新車として発売後間もないものもあれば、10年以上が経過しているものや走行距離が長いものなどもあります。

コスト削減で必要最低限の検査だけで車検を通すのもよいですが、古いモデルや長く乗っている中古車の場合は、しっかりとチェックしてもらった方がよい場合もあるでしょう。

 

相談しやすい業者を選ぼう

車検の検査は価格だけでなく、必要な検査が受けられるか、親身に相談に乗ってもらえるかといった点も重要です。

特に車の部品や検査についての知識が少なかったり、よくわからなかったりする場合には、相談しやすい業者を選ぶようにすることをおすすめします。

 

 

中古車購入時の車検はここを見るべき!

 中古車を購入する場合、車の状態や車検の状態は以下のような点を参考に確認するようにしましょう。

 

 車検の時期はステッカーでチェック

 中古車の車検時期は、フロントガラスの上部に貼ってあるステッカーで確認することができます。ステッカーには前回受けた車検の有効期限が書かれてあるため、有効期限の1カ月前頃には次の車検を受けることになるとわかります。

車検の費用は車種によってもことなりますがおよそ7~12万円程度となるため、車検費用がすぐに必要となるかどうかを念頭に置いて比較検討するとよいでしょう。

 

ボディや乗り心地もチェック

ボディは綺麗でもボディ下のサビがひどかったり、トランクやシートの可動域に違和感があったりしないかチェックしましょう。

試乗した際のレバーやペダルの操作性など、自分の運転になじむかどうかも意外と大切なポイントです。

安くても状態の悪い中古車の場合、次の車検までに故障の原因となったり、車検で相場以上の費用がかかってしまったりすることがあるので注意しましょう。

 

購入後も違和感があれば点検を

購入時に特に問題がなく中古車を手に入れても、運転しているうちに何となく「おかしいな」と違和感を持った時は、車検まで時期があっても点検してみることをおすすめします。

 

 

 

まとめ

車検の期間は原則として新車は初回が3年、以降は2年ごとで中古車は2年ごとに受ける必要があります。中古車の価格が安い場合、車検の有効期限が近づいていたり、車検が切れてしまっていたりするものもあるため注意が必要です。

中古車の車検情報はフロントガラスのステッカーで確認するほか、ボディのサビや乗り心地などもチェックし、購入後も違和感があれば点検するようにしましょう。

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP