自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

車検工房マックの車検はお客様に対し良心的な修理のアドバイスをいたします。

例えば、最近エアコンの効きが悪いなんて場合、診断した結果コンデンサーとパイプの継ぎ目より微量のクーラーガスの漏れがあったとします。

この場合の修理で、必要な作業の内訳はコンデンサーとパイプの交換です。この2つを交換するにはクーラーガス、Oリング、コンプレッサーオイルの交換が必要になります。

そうなると修理金額が高額になってしまい、突然の出費で首がまわらなくなってしまいます。

 

添加剤を活用して費用をおさえる方法

 

そこで1つご提案、完全に穴があいて漏れてしまっていたら交換が必要ですが、微量であればストップリークという物で、内部から漏れを止める溶剤があります。

この溶剤で、もしかするとクーラーガスの微量な漏れが止まる可能性があります。どのくらいの漏れが止まるのかどうかはわからないのですが、このストップリークで漏れが止まった実績はあります。

これでクーラーガスの漏れが止まれば、約10,000円で終わる可能性があります。

ラジエターやエンジンオイルも同じ方法でおさえる事ができます。

ただ、絶対にストップリークで漏れが止まるかどうかというとわかりません。交換して修理する事しか方法がない場合もあるのでご了承ください。

 

中古部品、再生部品(リビルト)を使って費用をおさえる方法

 

もう一つの費用を抑える方法は、中古部品や再生部品(リビルト品)を使う方法ですが、中古部品はまたすぐに壊れる可能性があります。もうあと3カ月しか乗らないなんて人にはおすすめです。

新品部品では40,000円くらいする部品が、中古部品では20,000円くらいに、再生部品(リビルト)では28,000円くらいにおさえられる可能性があり、これだけでも最高約20,000円もおさえられ、なかなか大きい金額です。

このように車検工房マックは車検費用をお客様のニーズに合わせご提案させていただきます。

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP