自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

車検の価格は車種によって値段は違います。
ではどんな車種によって違いがあるのかというと、大雑把に分け、普通車と軽自動車、普通車は小型、普通、大型とに分けられます。
そして、車が大きくなればなるほど、また年式が13年経過すると重量税が高くなり、それにより諸費用が高くなるのです。この諸費用は車種を変えない限り、ディーラーでも修理工場でも、ガソリンスタンドでもどこに行こうと変わることはありません。
その中でも軽自動車の諸費用はとてもお安いため、車検の総額も軽自動車はお安くなります。

 

普通車よりも軽自動車の車検の方が高いって事も?

 

普通車と軽自動車の諸費用を比べると軽自動車のほうがお安いですが、整備代はお車の状態によって変わります。普通車の5ナンバーで普段は走行していないお車は、消耗品の交換作業が少なく、諸費用と基本工賃しかかからない車検代と、軽自動車を毎日仕事で使用していて、消耗品の交換が多い軽自動車は普通車よりも車検代が高くなる事もあります。
とは言ってもやっぱり軽自動車の車検は普通車にくらべるとお安く、中でも大衆向けに大量生産された車種は部品、工賃が比較的お安くなっているようです。(私の偏見かもしれませんが)

 

安い車検は高くなる?ただより高いものはない?

 

この不景気な世の中、極力出費は抑えたいものです。
ということで出費を抑えるため、消耗品を交換せずに車検を通し、数日後にエンジンがブルブルする、なにか詰まったような音がするなど、困った症状がでるトラブルをよく耳にします。
お客様から「壊れたら直すからやらないでいいです。」とよくいわれますが、壊れてから直したのでは逆に高くなる可能性があるのです。

例えばバッテリー上がり。実際にあったお話しで、「上がったら変えるからいいです」と言われたお客様がいらっしゃいました。そのお客さまは真夜中コンビニへ出かけ、買い物が終わりエンジンをかけようとしたところエンジンがかからなくなってしまいました。
真夜中のため、当然どこの修理工場も営業していません。コンビニにはブースターケーブルもなく、救援してくれる知り合いもいないため、仕方なくレッカーを要請し、エンジンをかけてもらいましたが、救援にきた業者さんに「もしかすると帰宅の際、エンジンが止まってしまうかもしれない」と指摘され、びくびくしながら帰宅したのです。
そして運よくエンジンは止まらずに帰宅でき、自宅の駐車場に止めることができました。しかし、再度エンジンをかけたがエンジンはかからなかったのです。
そのため後日、修理工場の人に来てもらいバッテリーを変えたのですが、もちろん出張費がかかり、通常より高い工賃のバッテリー交換になってしまいました。

これはほんの一例です。

安心、納得の安い車検の概要はこれだ!

 

先ほどのバッテリー交換の一例でわかるように、なにもせずに車検を通すと逆に高くなり、不安が残る可能性があります。ですので、車検はしっかりと点検し、しっかり整備することをおすすめします。

ですが、みなさんはかけられる予算があると思います。

車検工房マックはお車をしっかり点検し、お客様の愛車の状態を説明し、お客様のご予算にあわせて、交換部品に優先順位をつけ、できる限りお客様のご予算内ですませるように車検をすすめるため安心で納得ができ、安い車検となるのです。

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP