自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

車の部品は約3万個の部品からできていますが、車検とはこの3万個の部品を全部見るわけではありません。部品の中でも消耗品と言われる部品の点検を主にしています。

消耗品というのは使用していると消耗してしまう部品、たとえばエンジンオイル、ブレーキオイル、ブレーキパット、ブレーキライニング、ベルト、タイヤ、バッテリーなどがあります。車検で点検する項目は、たいていこの消耗品がどのくらい減っているのかを見ます。

その他の部品に関しては、あえて名前をつけるとすると準消耗品です。

準消耗品とはどんな部品かというと、オルターネーター、スターター、フューエルポンプ、ラジエター、などがあります。これらの部品はずっと使っていればいずれは壊れてしまう可能性があるため、準消耗品といわせていただきます。

 

準消耗品はいつ頃交換したらいい?

 

この準消耗品の交換時期というのはメーカーでも指定されていません。

よって、特に交換時期というのは設けていないため、整備士にとってもやっかいな部品です。そのため車検をやった後、3ヵ月くらいで壊れてしまったなんてこともございますし、極端なお話をすると、車検を通してお客様にお渡しするまでにヘッドライトの電球がきれてしまったり、ウソのようなホントの話、車検を通している最中にブレーキランプが切れてしまったり、なんてこともあります。

このように、車はどんな優秀な整備士さんでもこの準消耗品がどんな時に壊れるかはわかりません。

ですが、消耗品は交換時期が設定されているので、点検次第で故障を防ぐ事ができます。

ですから、定期的な車検整備によりしっかり点検し、車両故障を防ぎましょう。

 

準消耗品は再生部品で安くできます

 

さきほども書きましたオルターネーターやスターターなどはリビルト品があります。

リビルト品とはいわゆる再生部品です。使わなくなった車両から部品を取り外し、中身を修理して売っている部品の事です。

この部品は新品の物との値段と比べると半分近く安くなることがあります。このような部品はディーラーでは使用しません。そしてディーラーよりも工賃がお安い場合が多いです。

これは修理工場の良いところ、こういった工賃を安くできる様なアドバイスも車検工房マックはご提案いたします。

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP