自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

車検の期日がない中古車は車検を通さないと公道を走ることができません。

つまり、どんなに新しい中古車でも車検を通すことが必要となります。

では、中古車の車検費用の相場ってどのくらいなのでしょうか。

答えは「お車によって変わるのでわからない」が正解です。

なおかつ、中古車はそれまでどんな整備をしてきたかがわからないため、何もする必要がない中古車もありますし、消耗部品のほとんどを交換する必要がある中古車もあります。

ですが、車検費用が高くつきそうか、安くすみそうという予想はたてられます。

 

中古車の車検費用が高そうか安そうかの予想はどうたてるの?

 

中古車の車検費用の予想は大ざっぱに初年度登録年月日と走行距離でだいたいの予想がわかります。

当たり前ですが初年度登録年月日が古ければ古いほど車検代は高くなりますし、走行距離も走っている距離が長ければ長いほど車検代は高くなるのです。

初年度登録年月日が古いということは単純に新車から年数がたっているということ、年数がたっているとゴムでできた部品や、電子部品も古くなっているので思わぬ故障が増えるのです。古くて走行距離が少ない車もありますが、この場合もゴムでできた部品や電子部品の故障リスクは変わりません。初年度登録年月日が古く、走行距離が少ないお車は特にゴム関係の部品の劣化が多い気がします。

逆に初年度登録年月日が少なく、走行距離が多い場合は消耗品の交換がおおいため、車検整備も自然に高くなりますが、電子部品などの故障リスクは少ないと考えられます。

 

では、どんな中古車の車検整備の費用が安くすむのか。

 

もうお分かりになると思いますが、初年度登録年月日と走行距離が少ないお車の車種整備費用は安くすみます。新車に近ければ近いほど安くなるということです。

ですが、中古車の車両代は高くなります。

それではどのくらい古くてどのくらいの距離数ならば安くすむのであろうか、具体的な数字を出すのであれば、初年度登録年月日は10年以内で、できれば5年に近い年数、走行距離は25000キロ位が望ましいと多いと思います。

自動車は約40000キロ位でブレーキパットや、エアークリーナーなどの消耗品の交換が多く出てくるため、40000キロを目安に車検費用が変わると思いますが、それまでに行っている整備により変わるのですべてがこの通りとは限りませんのでご注意ください。

 

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP