自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ

 

塗装ブースとは

塗装ブースとは塗装する部屋の事です。
車を1台丸ごと入れてその中にゴミが入らない様に密閉して塗装する環境をよりよくする設備です。種類は簡易型から本格型まで様々です。設備投資金額は簡易型で200万、本格型だと1,000万円以上の高価な金額が掛かります。本格型ブースはプッシュプルと言って、空気を上部の天井から強制的に押し、さらに床側から強制的に空気を引くことにより常に縦型の空気循環が起こり、ゴミや空気中の浮遊物が付きづらくするというのが特徴です。
また、その部屋の温度を上げられる様になっていている為、塗装後の乾燥も同じところで完結でき
ます。

塗装ブースで塗装するとどんなメリットがあるの?

 

安心して塗装できる(高品質な仕上がり、ゴミやホコリが付きにくい)

塗装は乾燥までに時間が掛かります。具体的には、塗装してから指触乾燥(手で触っても大丈夫な状況)までおおよそ30分ぐらい掛かりますが、塗装ブースで塗装することで、塗装中や乾燥中にゴミやホコリをつけない様になります。このことによって塗装の艶や肌が良くなり、仕上がりレベルのアップが図れます。

 

安心して塗装できる(作業合理化、時間短縮)

塗装中にゴミやホコリが付きにくいので作業者は安心して作業ができ、塗装作業時間が大幅に短縮できるだけでなく、その後の「磨き工程」においてもゴミを取り除く作業がなくなり、作業時間の短縮に繋がり合理化が図れます。

 

塗装ブースは作業者にとっても安心安全!

自動車塗料は有機溶剤で人的に有害な物質です。その為、塗装作業中は当然安全衛生上マスクをしながら作業をしますが、空気が循環している部屋(塗装ブース内)で塗装するのと、空気が循環しない場所で塗装するのとでは、作業者の人体内に有機溶剤の取り込む量は大幅に変わってきます。工場環境や作業者の健康を守る観点からも必要です。

塗装後の強制乾燥もできる

塗料は塗装後に加熱して強制乾燥をする必要があります。乾燥時間は塗料によっても変わりますが、ウレタン塗料でセッティングタイム後に60℃20分以上が必要となります。加熱することにより塗料の硬貨反応が早まり、塗料本来の性能が引き出されます。
反対に自然乾燥では硬貨まで時間が掛かり、ゴミやホコリが付着しやすく温・湿度差による霜が付着して塗膜トラブルを引き起こすことになります。

各種法規の観点からも必要不可欠

車体整備に関する法規は数多くあります。労働安全衛生規則、悪臭防止法、大気汚染防止法、消防法、有機溶剤中毒予防規則などが代表なものになります。コンプライアンスを守る観点からも必要不可欠です。

自動車の修理・板金塗装を立川・昭島でお探しなら「鈑金工房マック」へ PAGETOP